ホーム > 生活 > 一つ一つの状況

一つ一つの状況

免責不許可事由という意味は自己破産の申立人に、このような条件に該当している人は債務の帳消しを受理しないという基準を指したものです。

 

ということは、極言すると完済が全く行き詰った場合でもこのリストに含まれているならば借り入れの帳消しを受理されないようなことがあるということです。

 

だから自己破産手続きを申し立て、免除を要する方における最後にして最大の強敵が前述の「免責不許可事由」ということなのです。

 

以下は要となる内容を列挙したものです。

 

※浪費やギャンブルなどではなはだしく金銭を減じたり債務を負担したとき。

 

※破産財団となるはずの財産を隠匿したり破損させたり債権を有する者に損害が出るように売り払ったとき。

 

※破産財団の負担額を虚偽に水増ししたとき。

 

※破産手続きの責任を持つのにある債権を有する者に一定のメリットを与える目的で資本を譲渡したり弁済期の前に借り入れを返したとき。

 

※ある時点で弁済不能の状態なのに虚偽をはたらき債権を有する者を信用させて上乗せしてお金を借りたりクレジット等により換金可能なものを買ったとき。

 

※ウソの貸し手の名簿を裁判所に提示した場合。

 

※返済の免責の手続きの前7年間に返済の免除をもらっていた場合。

 

※破産法の定める破産申請者の義務内容を違反するとき。

 

これらの8つの条件に含まれないことが要件ですが、これだけで実際的な実例を思いめぐらすのはある程度の経験の蓄積がない場合困難でしょう。

 

判断が難しいのは浪費やギャンブル「など」と書いていることでも分かると思いますが、ギャンブルとはいえあくまでも例としてのひとつというだけで、他にも具体例が述べていないことが星の数ほどあるというわけです。

 

実例として挙げられていない条件はひとつひとつの状況を述べていくと細かくなってしまいケースとして書ききれないものやこれまで残っている裁定に基づくものがあるのである申し出がその事由に当たるのかは普通の人にはちょっと見極められないことがほとんどです。

 

しかしながら、まさかその事由に該当するものとは思いもしなかった時でも判定が一度出されたら裁定が変えられることはなく返済の責任が消えないばかりか破産者となる社会的立場を7年ものあいだ受けることを強要されるのです。

 

だから、免責不許可判定という絶対に避けたい結果に陥らないためには自己破産を考える段階においてわずかでも判断ができない点や理解できない点があるときは、どうぞ弁護士事務所に話を聞いてみてください。

 


関連記事

  1. 大学でも英会話の授業が大事になってきています。

    多くの大学では、英文学の専攻や学科が設置されていることが多いとされており、英語圏...

  2. 一つ一つの状況

    免責不許可事由という意味は自己破産の申立人に、このような条件に該当している人は債...

  3. とりあえず知りたいフラッシュモブの事

    結婚式とか、プロポーズでフラッシュモブを やるなんて人が増えてきている何て話を聞...

  4. テスト

    テスト記事です。...