ホーム > FX > 業者によって

業者によって

「スプレッド」とは外為は外貨をトレードして儲けを上げる商取引です。

 

買ったり売ったりの値段は、常時変動しています。

 

これが為替です。

 

ニュースサイトを見ていると通貨のマーケットの情報が流れる時があります。

 

たとえば、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

取引には、買値と売値の値があるという事です。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表している取引業者もあったりします。

 

いつもは買値よりも売値のほうが安い価格になるものです。

 

買値は高く、売値は低くなるのです。

 

この差分をスプレッドといい、会社の稼ぎといわれています。

 

スプレッドの広さはFX取引会社によって違います。

 

スプレッドは自分自身にとって支出となるので低いFX取引会社をセレクトするほうが儲けられます。

 

ただ、局面によってはスプレッド幅は変化します。

 

例として平常時は円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの狭さでも相場の上下動がかなり激しい場面では1銭よりも大きくなる事があります。

 

そのため、スプレッドが狭いのと同様に変化が小さい事が不可欠です。

 

最近では動かないスプレッドの差を見せる業者も数多くあります。

 

現実にFX取引会社のトレード画面の中で本当の市場をチェックしなければ判別できないので手間がかかりますが、大事な事です。

 

多くの資金を賭けて売買するのだから本物の売買の前に、興味を持った業者の新規取引口座開設をして、表示されているスプレッドの幅を実感しましょう。

 

同じ通貨の組合せその時間帯のボラティリティによって、スプレッドの差は変わることがあります。

 

普通は、インターバンク市場で流動性の高い外貨ではスプレッドが小さく、残りの外貨ではスプレッドの幅が広くなる傾向にあります。

 


関連記事

  1. 業者によって

    「スプレッド」とは外為は外貨をトレードして儲けを上げる商取引です。  ...

  2. テスト

    テスト記事です。...